あたらしい世田谷

世田谷区民に伝えたい「あたらしい動き」をくみん手帖編集部がご紹介。施設、イベント、取り組みなど遊びから暮らしに役立つものまで。

2013.08.22

プラネタリウムで大人の星空散歩

都会の世田谷でも満天の星空が眺められる、プラネタリウムをご存知ですか?世田谷区立教育センタープラネタリウムは、本物に近い星空を再現し、様々な天体現象や宇宙の映像を直径16mにもなるドームいっぱいに上映しています。当日の星空解説や星や宇宙などをテーマにした番組の上映をはじめ、子どもから大人まで楽しめる、星にまつわるイベントを定期的に開催しています。

写真

子どもの感性を磨くためのプラネタリウム

教育センタープラネタリウムは、1988年に世田谷区として特色のある小・中学校の移動教室の実施のための施設として作られました。中央図書館との複合施設として、教育会館の一部にある教育センターに、教職員の研修室、科学実験室、郷土学習室等とともにプラネタリウムが併設されています。

2010年にリニューアルし、最新鋭のハイブリッド・プラネタリウムシステムで総恒星数約1億4000万個を誇る星空を投影しています。座席数は140席。バリアフリーも充実しています。一般投影は全てオリジナル番組で夏と冬に新番組を、ちびっこタイムではほぼ毎月内容を変えて投影しています。

区内の小中学生を対象とした教育センター移動教室での学習投影や、区内の幼稚園・保育園等の園児を対象とした、幼児団体投影なども実施しています。

大人の星空散歩から子どもの天体観測まで

プラネタリウムでは、一般投影のほかにも、星にまつわるさまざまなイベントが開催されています。子どもから大人まで気軽に参加できる今後開催されるイベントを紹介します。夏の夜空と秋の夜長に向けて、足を運んでみてはいかがでしょうか。

・星空CDコンサート
満点の星の下で、CDによる音楽を聴くコンサート。コンサートの中では、星空の紹介も楽しめます。
9/14(土)【月明かりで聴く二胡の音色】、午後6時30分~午後7時30分、当日午前9時から観覧券販売(大人400円・子ども100円・幼児無料)、先着140名、小学生以下は保護者同伴。

・大人のための星空散歩
高校生以上を対象とした大人向けの投影です。当日の夜空に見られる星空解説の他、星や宇宙など天文の話題を取り上げて紹介します。
8/24(土)【空の道しるべ~移りゆく北極星~】、9/28(土)【十五夜と十三夜~お月見の風習~】、午後6時30分~午後7時30分、当日午前9時から観覧券販売(大人400円)、先着140名

・ちびっこタイム(一般投影)
幼児から小学校低学年を対象とする、こども向けの投影です。当日の星空を見て、その時期に合わせた星のお話を紹介します。
8/12~9/1【夏の星座クイズにちょうせん!】

・一般投影
前半は、当日の星空に見られる月・惑星・星座を始め、各種の天体現象を紹介します。後半は、星や宇宙をテーマにした番組を上映します。
7/13~9/29【流れ星からのメッセージ~宇宙の中の私たち~】

施設概要

この記事に関連するタグ:, , , , ,

紹介者プロフィール

世田谷くみん手帖編集員

世田谷の旬なヒト・コト・モノを見つけて区民のみなさんにお届けするために、日々、世田谷の街をリサーチ中!

世田谷くみん手帖編集員さんのプロフィール・記事一覧

関連記事

くみん便利帖:毎日の生活で、こんなことありませんか?

×

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大