あたらしい世田谷

世田谷区民に伝えたい「あたらしい動き」をくみん手帖編集部がご紹介。施設、イベント、取り組みなど遊びから暮らしに役立つものまで。

2013.10.01

自然発酵のしくみを知って味わうイベント、10/14(月)開講

「世田谷パン祭り2013」のテーマは「発酵」です。最近は、世田谷区にも天然酵母を使ったパン屋さんが増えましたが、皆さんは基本的な発酵のしくみをご存知でしょうか? 『世田谷くみん手帖』では10/14(月・祝)に行われる「世田谷パン祭り」の一環で、まずはゼロから発酵を起こすしくみを学び、酵母の自然な甘みや旨みを料理に活用する講座を開催します。これを機会に、発酵の神秘にふれてみませんか?
[9月の特集] パンを楽しむ祭典「世田谷パン祭り2013」

家族で発酵の研究に取り組む「ウエダ家」

 こちらの記事でもご紹介したように、世田谷パン祭りでは、IID世田谷ものづくり学校の自由大学プロデュースによる「世田谷パン大学」を開校します。数あるプログラムの中で、『世田谷くみん手帖』共催で行うのが、世田谷野菜を美味しく食べる発酵の活用法を学ぶ講座「ウエダ家の自然発酵100%のしくみ」です。

 講師としてお招きするのは、自然発酵を追及して15年という「ウエダ家」さん。なんと家族ぐるみで発酵の力に魅了され、その研究と普及に努めてこられたユニークなプロジェクトです。デザイナーである植田ナツオさんとその息子のユウさんが、15年ほど前にパン関連の書籍をデザインしたことがきっかけで、微生物の世界にのめりこんでいったのだとか。今では妻のミチコさん、長女のアミさん、次女のヨシミさんも加わり、数々の発酵関連の書籍を出し、「COBO Lab.」というスタジオで日々発酵関連のワークショップを行っています。

自然発酵100%の基本を学ぶ

私たちの生活環境やあらゆる食べ物にはそもそも無数の菌が存在しています。これらの菌を最適な状態に保つことで上手に発酵させれば、誰でも自然発酵させることができるのだそう。イースト菌の代わりに“天然酵母”を使ってパンづくりを楽しむ方も増えていますが、一言で天然酵母と言っても、果物などを使って種菌から起こす方法や、あらかじめつくられた種菌を入れて発酵させる方法など、その手法はさまざま。
今回の講座で、まずウエダ家さんに教わるのは、ゼロから自然発酵を起こすしくみです。お米の発酵をモデルに、甘酒を試飲しながら基本的な菌の性質を学び、自然発酵により醸し出される甘みや旨みを味わいます。

世田谷野菜の美味しい活用法

講座の後半では、“秋の世田谷野菜を美味しく食べよう”と、この時期に世田谷区の農家で収穫できる野菜を、発酵の力でさらに美味しくいただくオリジナルのマヨネーズやスープづくりのレシピを教わります(※入荷できる野菜によって変更の可能性もあり)。
まったく砂糖を使用しないウエダ家のパンづくりのデモンストレーションもあり、野菜料理やパンを参加者全員で試食予定です。自然発酵によるほのかな甘み、旨みを、野菜の調理やパンづくりに活かす手法。ぜひこれを機会に発酵の力を知って、日々の暮らしに役立ててみませんか?

———————
「ウエダ家の自然発酵100%のしくみ」講座
(世田谷パン祭り2013 世田谷パン大学内イベント)

[日   時]2013年10月14日(月・祝) 14:00〜16:00(約2時間)
[会   場]せたがやがやがや館3F会議室A 世田谷区池尻2-3-11
[主   催]世田谷パン大学
[協   力]世田谷くみん手帖
[参 加 費]お一人様2,000円(税込)
[定   員]30名(※申し込み先着順で定員になり次第締め切り)
       18歳以上の方を対象
[参 加 費]お一人様2,000円(税込)
[お申し込み]お申し込みは以下のページより
http://peatix.com/event/20641

[お問合せ先]
 ◎「パン大学」全般について>>
世田谷パン大学事務局公式サイト
 ◎「ウエダ家の自然発酵100%のしくみ」講座に関するお問い合わせ>>
㈱世田谷サービス公社 担当:坂下・関根(03-3419-3605)

[9月の特集] パンを楽しむ祭典「世田谷パン祭り2013」

施設概要

この記事に関連するタグ:, , , , , ,

紹介者プロフィール

世田谷くみん手帖編集員

世田谷の旬なヒト・コト・モノを見つけて区民のみなさんにお届けするために、日々、世田谷の街をリサーチ中!

世田谷くみん手帖編集員さんのプロフィール・記事一覧

関連記事

くみん便利帖:毎日の生活で、こんなことありませんか?

×

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大