あたらしい世田谷

世田谷区民に伝えたい「あたらしい動き」をくみん手帖編集部がご紹介。施設、イベント、取り組みなど遊びから暮らしに役立つものまで。

2012.08.09

夏休みのチャレンジ。子役俳優ワークショップ

8月20・21・22日に開催される子役俳優ワークショップ。小学生以下の子どもを対象に、第一線で活躍する映画監督の下、演技のレッスンから映画撮影まで行う貴重な3日間のプログラムです。

写真

夏休みの8月20・21・22日の3日間、IID 世田谷ものづくり学校で(20日、21日は映画24区スタジオ)、小学生以下の子どもを対象にした子役俳優ワークショップが開催されます。映画界の第一線で活躍している監督による演技のレッスンとともに、最終日には実際に映画の撮影を行うプログラムです。「映画が好き、俳優になるのが夢」「お芝居をしてみたい」「芝居やダンスが好き。みんなの前で踊ってみたい!」という積極的な子どもはもちろん、そうでなくてもだれもが貴重で新しい発見ができるとのこと。今回のワークショップを共催する映画24区代表の三谷さんにお話を伺いました。

映画24区は、俳優、脚本家、地域プロデューサーの育成を行うことで、映画界の活性化をめざしています。定期的なワークショップでは、著名な監督や脚本家が講師となり、生徒の脚本による映画撮影を実施。完成した作品を映画館で上映し、全プロセスを通した人材育成を行っています。子どもに特化するワークショップは初めての試みとのこと。

「経験はまったくいらないんです。素の子どもたちにこそ魅力があります。映画が好きで芝居をしてみたい子どもはもちろんですが、自信がなく、人前に出るのが恥ずかしくても大丈夫です。きっとあたらしい自分に出会える楽しい3日間になると思います。映画を作るのにどんな人が関わっているのかを知れる機会でもあります。体験型の社会見学ですね。」とのこと。「また、ひとつのものをみんなで作るプロセスも体感できます。親御さんにとっても、お子さんの知らない一面を知れる大事な機会になると思います。」

当日は、1・2日目に映画24区のスタジオで芝居のレッスンを行い、3日目にIID世田谷ものづくり学校を舞台に、一日かけて撮影を実施。出来上がった映画は後日DVDにしてプレゼントされ、10月13日(土)にはIID世田谷ものづくり学校上映会も計画しているそう。

子どもたちにとって貴重な夏休みの思い出になりそうです。ゼひチャレンジしてみては?
詳細・申し込みはコチラから

施設概要

この記事に関連するタグ:, , , ,

紹介者プロフィール

世田谷くみん手帖編集員

世田谷の旬なヒト・コト・モノを見つけて区民のみなさんにお届けするために、日々、世田谷の街をリサーチ中!

世田谷くみん手帖編集員さんのプロフィール・記事一覧

関連記事

くみん便利帖:毎日の生活で、こんなことありませんか?

×

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大