あたらしい世田谷

世田谷区民に伝えたい「あたらしい動き」をくみん手帖編集部がご紹介。施設、イベント、取り組みなど遊びから暮らしに役立つものまで。

2021.06.01

芦花公園 世田谷文学館 イラストレーター 安西水丸展

~9月20日(月・祝) 10:00~18:00 ※展覧会入場、ミュージアムショップの営業は17:30まで 休館日 毎週月曜日(ただし8月9日は開館、8月10日は休館)

村上春樹の本を手に取って、表紙を飾るイラストで、のほほんとしたユルさに温かい気持ちになったことはありませんか?イラストの作者は、安西水丸(1942-2014)。世田谷文学館では、9月20日(月・祝)まで、彼の展覧会が開催されています。

子どもから大人まで、和ませ楽しませてくれる

「小さい頃よりずっと絵を描くことが好きだった」という安西水丸。 本展では彼の幼い頃から晩年に至るまでの足跡を、原画と関連資料あわせて600点以上で紹介しています。
彼の絵本「がたん ごとん がたん ごとん」は、字の読めない赤ちゃんでも、機関車の絵をみるだけで思わず「がたん ごとん」と口ずさみたくなるようです。また、村上春樹の本に描かれたイラストには“ハルキスト”ならずとも、誰もがほのぼのと温かい気分にさせられます。彼の作品は、子どもから大人まで世代を超えて人を和ませ楽しませてくれます。

「がたん ごとん がたん ごとん」展覧会出品作
Illustrated by Mizumaru Anzai ©Masumi Kishida

「中国行きのスロウ・ボート」 1983年
Illustrated by Mizumaru Anzai ©Masumi Kishida

「ニッポン・あっちこっち」より
Illustrated by Mizumaru Anzai ©Masumi Kishida

見て、体験できる展覧会

本展は、作品を見るだけではなく、体験できるところがポイントです。
例えば、迷路のようにあえて入り組ませた会場には、子ども時代の彼の幻の傑作や、初公開の貴重な作品が隠されています。皆さんで探してみてください。
大勢の顔のイラストの中の「顔ハメ」コーナーでは、記念写真を撮ることもできます。会場のいたるところに隠された彼の分身を探すのは、私たち大人よりもお子さんのほうが得意かも知れません。

迷路のような展示会場

モチーフと作品を見比べるコーナー

“安西水丸好み”にしつらえられた茶室。 障子の影は誰?

こんなところにも安西水丸さんが!

「顔ハメコーナー」主役はあなただ!

親子で会場に隠された“安西水丸探し”を競ったり、“親子顔ハメ比べ”をしたり、「安西水丸さんみたいなイラストレーターになりたい!」なんて、わが子の意外な一面を発見できるかもしれません。
家族みんなでお出かけできる日は、安西水丸さんのほのぼのと温かい世界に遊ぶのはいかがでしょうか。

旅土産のスノードームコレクション! 水丸さんは「日本スノードーム協会」の会長さんでもあったのです!(特別コーナー「たびたびの旅」)にて

安西水丸さん愛用の旅行鞄

開催概要

会  期 2021年4月24日(土)~9月20日(月・祝)

開館時間 10:00~18:00 ※展覧会入場、ミュージアムショップの営業は17:30まで

休  館  日 毎週月曜日(ただし8月9日は開館、8月10日は休館)
※新型コロナウイルスの感染拡大状況により、臨時休館となる可能性がございますので予めご了承ください。

会  場 世田谷文学館 2階展示室

料  金 一般900(720)円/65歳以上・大学・高校生600(480)円/小・中学生300(240)円/障害者手帳をお持ちの方400(320)円(ただし大学生以下は無料)
※( )内は団体割引と「せたがやアーツガイド」割引料金

主 催・お問合せ 公益財団法人せたがや文化財団 世田谷文学館(世田谷区南烏山1-10-10)
Tel 03-5374-9111 Fax03-5374-9120
HP https://www.setabun.or.jp/
交通案内 京王線:「芦花公園」駅南口より徒歩5分 小田急線:「千歳船橋」駅より京王バス(千歳烏山駅行)利用、「芦花恒春園」下車徒歩5分

監  修 安西水丸事務所
協  力 嵐山オフィス/村上事務所/和田誠事務所/東京イラストレーターズ・ソサエティ/SPACE YUI/クリエイションギャラリーG8(リクルートホールディングス))
企画協力 クレヴィス 会場設計 DO.DO.
後  援 世田谷区、世田谷区教育委員会

 

この記事に関連するタグ:

紹介者プロフィール

写真

関連記事

×

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大