• HOME>
  • くらしの世田谷>
  • つくる楽しさ、教える楽しさ。ものづくりでつながる「づくリンク」

くらしの世田谷

世田谷での暮らしを、よりよいものにするための情報。区民の衣食住に関わる取り組みやサービス、町の景観、子育て、町づくり、多世代交流の話など。

2015.02.20

つくる楽しさ、教える楽しさ。ものづくりでつながる「づくリンク」

真剣なまなざしで作業に没頭、画材を広げて試行錯誤、かと思うと笑い声が聞こえる和やかな雰囲気のアトリエ。モノをつくることが大好きな人たちが集まる「マナブdeアソボ づくリンク(通称:づくリンク)」は、いわゆるカルチャースクールとは少し違います。「つくる」ことだけが目的ではなく、その場に集う仲間との交流やその先にひろがる可能性を視野に活動。ものづくりを軸につながること、その楽しさを伝えたいという主宰の片桐慶子(かたぎりけいこ)さんに話を伺いました。

つくる楽しさ、教える楽しさ。ものづくりでつながる「づくリンク」

つくる楽しさ、教える楽しさ。ものづくりでつながる「づくリンク」

ものづくりを交流の場に広げたい

イラストレーターとして活躍している片桐さんは、5年前非常勤講師を務めていたデザイン専門学校で、新しく開講する学科の主任を担当することに。その学科はグラフィックデザインについて学ぶだけではなく、クラフトなど「ものづくり」の知識も必要とするものだったそうです。

「主任は学科をプロデュースし適材適所に講師を配置、生徒のケアが大きな役割です。しかし成績を評価する際には、『手工芸品』が出来上がるまでに必要な作業量や、使い手に興味を持ってもらうにはどんな工夫が必要かを知っておくべきと思い、私も生徒と同じカリキュラムに参加しました。するとどんどんものづくりから得られる楽しさを実感するように」(片桐さん)。年齢に関係なく新しいことをはじめる楽しさや学校にはないカルチャースクールの魅力を感じるようになったそうです。

「学校はときに苦しいこともありますよね。高い知識や技術を身につけるには壁にぶつかり、思うように出来ず暗い顔になることも。カルチャースクールやワークショップには趣味として意識が強いので、楽しいやうれしい気持ちの方が大きいと思います」(片桐さん)

起業ミニメッセでは、お子さんも参加できるワークショップを開催

起業ミニメッセでは、お子さんも参加できるワークショップを開催

「古布で作る自分だけのひな人形」ワークショップで使う古布

「古布で作る自分だけのひな人形」ワークショップで使う古布

消しゴムはんこでポストカードづくり

消しゴムはんこでポストカードづくり

片桐さんには、「ものづくりから広がる交流の場」が必要だと感じる理由がもうひとつありました。一人前のクリエイターになるのは大変なこと。講師という立場も経験している片桐さんは、若手クリエイターの皆さんに「教える」ことも表現の場のひとつとし、経験してほしいと考えます。ものをつくるだけではなく、生徒が得意な分野では講師の立場となってワークショップを開催でき、自身の技術を広める新たな交流の場所として2013年1月に「づくリンク」の活動を開始しました。

気になるワークショップに参加

活動場所は下北沢にある「COS下北沢」や、さまざまなものづくりに関連のある場所を利用し不定期に開催しています。講座内容は、手芸からアクセサリーづくり、木工にイラスト教室などさまざま。バラエティーに富んだ講座内容も魅力のひとつで、参加したいワークショップに申込むだけで気軽に受講できます。どの講座もカリキュラムがあるわけではなく、自由につくることができます。テーマによって異なりますが、各回の定員は10名前後と少人数。受講回数は1回から数回と作業工程によって変わります。わからないことや作品の希望なども伝えやすい雰囲気で、初心者の方も参加可能です。

活動場所のひとつ、下北沢にある「COS下北沢」

活動場所のひとつ、下北沢にある「COS下北沢」

少人数でのワークショップで、わからないことや作品の希望なども伝えやすい雰囲気

少人数でのワークショップで、わからないことや作品の希望なども伝えやすい雰囲気

づくリンクの交流を体験してみました!

参加したのは「古布再生!額縁で作る裂織のバッグづくり」。木枠を使った織り機を作るところから始まります。初日は経糸を張るために木枠の上下に釘を打ち付ける作業から開始。トントンカンカンとアトリエに響く音と金槌を持つ姿は、これから織物をするとは思えない光景。ものづくりに興味がある皆さんは一様に好奇心が旺盛で、いろいろなことにチャレンジします。同じ作業は織り機をつくるところまで。経糸を張る間隔や生地の組み合わせ、バッグの形に至るまで自由に作り上げます。みなさんの個性が現れ、「そんなアイディアが!」「そのデザイン可愛い」と回を追うごとに盛り上がります。

作りたいデザインが浮かばない場合でも、先生が見本をいくつか用意しているので安心です。「こういう方法もあるよ」とわかりやすく説明してくれるので、ぼんやりとしたイメージを伝えるだけでも大丈夫。みなさんこだわりも多く時間が足りなくなってしまうこともしばしば。夢中になる作業は、ほどよい疲労感と達成感が得られ気分転換にもなります。

「づくリンク」とは、ものづくりからつながる交流の意味を込めて、ものづくりの「づく」とつながるという意味の「リンク」を合わせたもの。だれでも気軽に始めることができるものづくりから、多方面へのつながり、可能性が見つかる楽しみな「場」となりそうです。

「古布再生!額縁で作る裂織のバッグづくり」では、織り機になる木枠に釘を打ち付ける作業から

「古布再生!額縁で作る裂織のバッグづくり」では、織り機になる木枠に釘を打ち付ける作業から

経糸を張る間隔や生地の組み合わせでオリジナル生地が織り上がります

経糸を張る間隔や生地の組み合わせでオリジナル生地が織り上がります

ミシンをかける先生を囲んで

ミシンをかける先生を囲んで

マナブdeアソボ づくリンク facebook
https://www.facebook.com/Dzukurinku

この記事に関連するタグ:, , , ,

紹介者プロフィール

山本多恵子

宮城県生れ。世田谷在住。Web制作、アクセス解析が得意です。宮城県気仙沼市の食材を取り寄せ、郷土料理を作る「スローフード部」を定期的に開催しています。場づくりにも興味津々。世田谷と気仙沼をつなげること活動を日々模索しています。

山本多恵子さんのプロフィール・記事一覧

関連記事

くみん便利帖:毎日の生活で、こんなことありませんか?

×

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大