• HOME>
  • ぐるり世田谷>
  • 落書きおばけのドーレに夢中!リトミックショーを楽しむ親子カフェ

ぐるり世田谷

世田谷にはたくさんの「訪れたい場所」がある。古くから愛されてきたお店や、知る人ぞ知る穴場など、地元の情報をご紹介。思い出に残る昔の世田谷から今の世田谷まで。

2015.08.25

落書きおばけのドーレに夢中!リトミックショーを楽しむ親子カフェ

三軒茶屋に、リトミックの要素を取り入れたショーを楽しめる親子カフェ「Three Tea’s Cafe(スリー・ティーズ・カフェ)」があります。子どもが夢中になって遊べる遊具や絵本があり、専門資格を持つスタッフが常駐している「親子カフェ」の中でも、「Three Tea’s Cafe」は音楽教育法のリトミックを体験できる珍しいカフェ。子どもたちが夢中になる姿に、お父さんお母さんも笑顔がこぼれます。

音楽教育法のリトミックを体験できる親子カフェ「Three Tea’s Cafe」

音楽教育法のリトミックを体験できる親子カフェ「Three Tea’s Cafe」

すべてが手作り! スタッフみんなが力を合わせて始めた親子カフェ

三軒茶屋駅から徒歩約7分、三軒茶屋と下北沢を結ぶ、茶沢通りから続く太子堂中央街(通称あいあいロード)のはずれに「Three Tea’s Cafe」はあります。地下へ続く階段を降りると、打放しコンクリートの店内には、お酒が並ぶバーカウンターや160インチの巨大スクリーンが。いわゆる親子カフェとは、まったく違う雰囲気です。

それもそのはず、ここは三軒茶屋で15年ほどライブハウス&バーを営む「GRAPE FRUIT MOON(グレープフルーツムーン)」。なぜ、ライブハウスで親子カフェを始めようと思ったのでしょうか?

「お店のスタッフが、たまたまみんないろんな資格や特技を持っていたんです。作詞作曲ができる人、歌が歌える人、リトミックの資格を持っている人、調理師免許の資格を持っている人、照明ができる人……。私自身もベビーシッターの資格を持っています。

160インチの巨大スクリーンに本格的な音響設備

160インチの巨大スクリーンに本格的な音響設備

左から横田美智子さん、ほしばかなえさん、安彦智直さん

左から横田美智子さん、ほしばかなえさん、安彦智直さん

みんながいろんな資格を持っていて音楽施設の整った空間があったので、それを活かして子どもの向けになにか始めたいね、と。2年間ほど計画を練って、2014年6月から週に1回、リトミックショーつきの親子カフェを始めました」と話すのは、店長の横田美智子(よこたみちこ)さん。

ショーの司会進行を担当するのは、「アンパンマンキッズコレクション」のCMソングなどを手掛けるシンガーソングライターのほしばかなえさん。「GRAPE FRUIT MOON」に出演した際、店長の横田さんからお誘いを受けたそうです。「もともと子どもが大好きで、子どもに関わる歌の作詞作曲がしたいと思っていました。ショーを見たお子さんやお母さんたちがニコニコ笑顔になってくれるとうれしいですね」(かなえさん)
音響担当の安彦智直さんは、幼稚園でパーカッション演奏を披露する活動も行っているのだとか。

「すべての親子を笑顔に!」をモットーに

取材日は、いつものリトミックショーに加えて、中村哲也さんによる弾き語りの特別ライブも行われました。中村さんは世田谷区災害対策課に勤務しており、歌を通して育児や家族の大切さを広く伝えていきたいと活動しているお父さんのひとり。お客として来店したことをきっかけに、コラボレーションが実現。お父さんのリアルな目線で綴られた歌詞とやさしい歌声は、お母さんたちの心にしっかり響いていたようです。

さて、次はリトミックショー。ショーにはお話が数パターンあり、来店した子どもの年齢を参考に決定。オリジナルキャラクターが織り成す物語の内容はもちろん、ステージの仕掛けなど、細部にまで「みんなが喜ぶ」こだわりが感じられます。突然スクリーンの裏から風船がたくさん出てくる演出に1歳前後の赤ちゃんは大喜び。

誕生日を迎えるお子さんには、ハッピーバースデーの歌でお祝いしたり、クリスマスはサンタに変装したスタッフが登場したり。「すべての親子を笑顔に!」をモットーに、お子さんとお母さんが喜ぶ仕掛けを、スタッフみんなで日々企画しているそうです。

歌手で公務員の中村哲也さん。子どもの成長を父親目線で温かく歌います

歌手で公務員の中村哲也さん。子どもの成長を父親目線で温かく歌います

ショーが始まると、子どもたちは釘づけ

ショーが始まると、子どもたちは釘づけ

たくさんの風船に子どもたちは大喜び

たくさんの風船に子どもたちは大喜び

貸し切り時には、モノマネショーも!?

ショーと食事がついて、大人1500円から、ベビー&キッズ700円からとお手ごろなお値段。メニューも豊富でメインやアラカルトが選べます。低アレルゲンメニューにも対応しているそうです。

平日には親子10組以上から貸し切りも可能(土日祝日は応相談)。クラス会や子どもの誕生日会、ママ友とのイベント、資格を持ったお母さんによる講座開催の利用も可能です。
また、貸し切りでは、料理人兼モノマネ芸人のスタッフによるモノマネショーをやることも。お母さんたちに大好評だそうです。施設の設備には、広い授乳室やおむつ替え室、キッズマットやおもちゃ、ベビーゲート、チェアベルト、お食事エプロンなど、お子さんの年齢に合わせた気配りも。

多才なスタッフたちがみんなで作り上げた、Three Tea’s Café。すべてが手作りの温かい親子カフェで、今日も訪れる親子を笑顔にしています。

広くゆったりと使える、授乳・オムツ替え室

広くゆったりと使える、授乳・オムツ替え室

階段を降りるととっても楽しい空間が!

階段を降りるととっても楽しい空間が!

Three Tea’s Cafe(スリー・ティーズ・カフェ)
住所:〒154-0004 世田谷区太子堂2-8-12佐々木ビルB1F
電話番号:03-3487-8159
営業時間:毎週金曜日11:30(オープン)~13:30(ショースタート)~14:30(クローズ)
URL: http://three-teas-cafe.com/

施設概要

この記事に関連するタグ:

紹介者プロフィール

まちとこ出版社

世田谷区を中心とした現役子育てママたちの編集チーム。妊娠時に世田谷区から配布される「せたがや子育て応援ブック」など世田谷区の発行物の編集のほか、「小さなお店のつくり方 育児しながら起業編」「忙しいママでもラクラク作れるこどもが喜ぶお弁当」(辰巳出版)など出版社発行の書籍の編集も手がける。

まちとこ出版社さんのプロフィール・記事一覧

関連記事

くみん便利帖:毎日の生活で、こんなことありませんか?

×

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大